******  ROBODEX 2000(2000/11/26) ******

仕事で関東方面に出かけることになったので、ついでに横浜で行われた ROBODEX 2000 を見物してきました。 出かける前に近所のローソンで前売り入場券を買ってみたのですが、これが大変でした。 入場券を買うには購入端末で番号を入力しないといけないのですが、この番号がわかりません。 ローソンチケットのカタログ本のようなもので ROBODEX 2000 を探しても載っていません。 よくよく見るとこの本、関西・北陸版。 関東のイベントが載っていないんですね(涙)。

結局、お店の人がローソンチケットに電話して番号を調べてもらい、なんとか購入できたのですが、ローソンチケットなんて「全然便利じゃない」というのが私の感想です。 せめて端末からイベント名で検索ぐらいできないとね(可能なのかもしれませんがお店の人は知りませんでした)。 もしくは全国版のカタログ本も置いておくか。 それにしてもお店の人は東京まで電話して赤字だったでしょうね。

でも前売り入場券は、面倒でも買っておいて良かったです。 当日(26日)は、入場制限のために当日券の販売が中止されており、会場まで来て入場券が買えなくてがっかりして帰る親子連れなどが沢山いました。 展示会のようなもので当日券の販売が中止というのは非常に珍しいことではないでしょうかね。 出展社数も多く無いのに、それほどAIBOや2足歩行ロボットが人気なのでしょう。 私も子供の頃から2足歩行ロボットが凄く好きなので今回始めて肉眼で見れたのでよかったです。

それにしても人気がありすぎるのも困ったものです。 当日は、12時半頃に行ったのに会場に入れたのは3時半頃でした。 3時間も並んでいたわけです。 何度も前売り入場券を購入したことで諦められないことを後悔したり、途中でトイレに行きたくならないことを願っていました。 一人で行くとこういうときトイレが心配ですね。 幸い、トイレは大丈夫だったのですが、オナラが出そうでそれを堪えるのに必至で...(笑)。

26日は、最終日で6時に終了するために3時半頃会場に入ったのでほとんどゆっくり見ることはできませんでしたが、ソニーの新しい2足歩行ロボットやAIBO は、まぁまぁ見ることができました。 できればホンダの2足歩行ロボットも動いているところを近くで見たかったのですが残念ながら人混みで見れず、会場の天井付近にあるスクリーンに映されるのを見ただけでした。


入り口付近。

ROBODEX 2000 の会場に入るとこいつがありました。 一瞬、エイリアン2でリプリーが操縦したロボットが頭に浮かびました(実際は全然違いますがあくまで雰囲気ということで)。

手前のロボットは、PHS通信を利用した遠隔操縦ロボットだそうです。 会場内でも動いていましたが、26日の「ザ!鉄腕!DASH!!」という番組でこのロボットを操縦して東京にいながら大阪で買い物をする、というのをやっていました。 操縦は結構大変そうでしたが、もう少し自動で操作できる処理が多くなれば用途も増えそうですね。



ホンダのロボット

会場には、これまで開発されたホンダのロボットが展示されていました。 P3 と最新の ASIMO は、実際に階段を降りたり、歩いたり、ダンスステップを踏んだりするのを見せていました。

ASIMO は、身長 120cm と非常に小型になっており、手塚治虫のアトムを連想させます。 今回限りの冗句ということで姿をアトムにしてくれれば面白かったのに、と思いました。

P3 のムービー
160x120 520KB
ASIMO のムービー
160x120 340KB


警備ロボット。

円筒状の白いロボットは、ビル内の火災や不審者を警備するロボットです。 しかし、警備ロボットを警備する人々というのは何かマヌケな感じがしますね。 それ程、警備ロボットが高価だということでしょうか。


ソニーブース。

ソニーブースでは新発表の SDR-3X と二代目 AIBO が展示され、時々、係りの人が説明したり、子供達に触らせたりしていました。 ROBODEX 2000 で感心したのは、ブースの傍に子供用のスペースを取り、子供達に優先して見せていたことです。 将来、夢のある子供達にロボットを触れさせていたのは良かったのではないでしょうかね(商業的判断だとは思いたく無いです)。 この時は私も子供になりたかったですね。


AIBO 2nd GENERATION。

ソニーブースの奥には多数の二代目 AIBO が動いていました。 直に触ることもでき、ピンクのボールや声に反応する姿は、なかなか可愛かったです。 大人にも子供にも人気があり、私も購入したいところですが、まだまだ高いですね。 せめて5万円ぐらいになればすぐにでも買ってしまうと思うのですが。 でもあまり安くなると、いつぞやの「たまごっち」で流行ったように「すぐに死なす」ような遊びが流行るかもしれないので心配です。


SDR-3X。

ソニーブースの目玉は、こいつ SDR-3 です。 ソニーがここまでの二足歩行ロボットを開発していたとは驚きでした。 それもホンダのロボットに比べて非常に小型(約50cm)で軽快に歩く姿には感激しました。 今はまだプログラミングした動きしかできないそうですが、無線コントロールできるので構わないので発売して欲しいですね。 でも今、発売するとしたら自動車くらいの価格になるとか(涙)。
ダンスの前に係りの人が一生懸命にステージを磨いていたのは印象的でした。 転ばずにダンスが終わった時は、さぞかしホッとしたことでしょう。
ダンスムービー
160x120 1.4MB
キックムービー
160x120 672KB





【出来事の目次ページへ戻る】

【トップページへ戻る】